メドライン ピンクリボン活動

Pink Ribbon Activity

A world without breast cancer is in our hands.
乳がんのない世界を、みんなの手で。

メドライン・ジャパンは、ピンクリボン活動を推進しています。

「ピンクグローブ」をご存知ですか?

2013年より、メドライン・ジャパンでは、
ピンクリボン活動の一環としてピンク色検査用手袋(ピンクグローブ)の
販売を開始します。
医療従事者の皆さまにピンクグローブを着用していただくことにより、
乳がん検査の認知度向上や早期診断を促すきっかけとなればと思います。
手袋を1ケースご購入いただくごとに150円が
認定NPO法人 乳房健康研究会*に寄付
されます。
皆さまのご賛同、どうかよろしくお願いいたします。

*認定NPO法人乳房健康研究会について
2000年に発足した日本初の乳がん啓発団体です。
ピンクリボンバッジ運動をはじめ、出版・調査活動、セミナーやウォーキングイベントの開催などの啓発活動を通じ、
乳がんに関する正しい情報の発信と、死亡率低下に貢献するための活動を展開しています。

■ 知ってほしい「乳がん」のこと

日本女性の16人に1人が「乳がん」にかかるといわれています。

毎年約1万2,000人の日本女性が「乳がん」で死亡しています。しかし、「乳がん」は早期発見であれば約90%が治癒できます。早期発見のためには、定期的なセルフチェックや検診が大切です。

■ 世界に広がる「ピンクグローブ」

Pink Glove Dance onYouTube

米国メドラインでは、2009年より医療従事者の皆さまがピンク色の手袋をつけてダンスする映像を公募し、コンテストを開催。このピンクグローブダンスは、インターネットを通じて全世界に波及し、当初200名だった応募者も昨年は80,000名を突破。これまでに累計1,200万ドルの寄付金へとつながっています。

http://www.pinkglovedance.com/